ez チャンネル

好評話題まとめサイト

【衝撃】4万年前の線虫も活動再開!氷河や永久凍土に埋もれていた生物が温暖化でよみがえるwwwwwww

投稿日:

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2019/07/11(木) 22:30:54.19 ID:76eVSe2j9.net
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190711-00010004-newsweek-int
──永久凍土の中で長年休眠していた生物がよみがえる
 国際連合(UN)は、2019年5月に発表した報告書で「自然環境が減少し、生物多様性が破壊されることで、今後数十年のうちに、
およそ100万種の生物が絶滅するおそれがある」と警鐘を鳴らしている。
その一方で、近年の研究では、氷河や永久凍土の中で長期間にわたって休眠していた生物がよみがえる例が確認されている。

■ 南極で1600年前のコケが再生した
 2013年6月13日に学術雑誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」で公開された研究論文によると、加アルバータ大学の研究チームが、
カナダ最北部エルズミア島で融解がすすむティアドロップ氷河において、1550年から1850年までの小氷期のものとみられる
フトヒモゴケなどのコケ植物を採集した。

採集したコケ植物の多くは黒く変色していたものの、緑の部分も確認されている。
適温に保たれた日当たりのよい大学の研究室に試料として持ち帰り、養分豊富な土壌に茎や枝の組織を移植したところ、
およそ400年にわたって氷に埋まっていたコケ植物が再生した。

2014年3月には、英国南極研究所(BAS)の研究チームが、南極のシグニー島の永久凍土に埋もれていたコケ植物を再生させることに成功した。
このコケ植物は1533年前から1697年前のものと推定されている。

この研究論文の責任著者である英国南極研究所のピーター・コンヴェイ博士は、米紙ワシントン・ポストの取材に対し、
「永久凍土の環境は非常に安定しており、凍結と融解の周期変化やDNA損傷をもたらす放射線など、地表でのストレスからコケ植物を隔離する。
数百年前のコケ植物が再生したことから、生物が氷河期を耐えるうえで、氷河や永久凍土が役立っているのかもしれない」と述べている。

■ シベリアで3万年前から4万年前の線虫も活動を再開
 より古代の多細胞生物が、長い年月を経てよみがえった例もある。
2018年7月に公開された研究論文によると、露モスクワ大学や米プリンストン大学らの共同研究チームがシベリアで実地調査を実施。
北東部のコリマ低地で更新世の永久凍土の堆積物から3万年前から4万年前の線形動物(線虫)を採集し、室温20度の研究室で育てたところ、
活動を再開させたという。

環境破壊や地球温暖化によって多くの生物が絶滅の危機にある一方、極地では、コケ植物や線虫、微生物など、氷河や永久凍土の中で
長年休眠していた生物たちがよみがえっている。
これらは、生物が持つレジリエンス(困難な状況でもしなやかに適応して生き延びる力)を示すものとして注目されている。




引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1562851854/

続きを読む

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

キモオタ「ビーガンの前でファミチキ食いてえ」ニチャア

続きを読む

姑「クレカの明細見られたくないのかしら~?」私「ええ、だから姑さんのだけ切ってるんですけどね」

786: 名無しさん@HOME 2014/03/17(月) 01:50:16.05クレカの明細を切り刻んでたら、「まぁ〜こんなに細かく!?よっぽど見られたくない物でも買ったのね〜」と言われたので、 「あー、だからトメさんはクレカの明細 だ け は細かく切り刻んで処分してるんですね〜…

【悲報】嵐さん、メンバーが書いたやべーミッキーマウスを公式グッズで販売してしまう (※画像あり)

1:風吹けば名無し:2019/07/01(月) 19:34:11.67 ID:BxTbzmLW0.net

2:風吹けば名無し:2019/07/01(月) 19:34:25.95 ID:BxTbzmLW0.net

いかんでしょ

3:風吹けば名無し:2019/07/01(月) 19:34:50.89 ID:it4XM6n4a.net

公式なら問題ないやろ

5:風吹けば名無し:201…

【朗報】今夜の『水ダウ』めっちゃ面白そうやんwwwww

続きを読む

【画像】「昭和の憧れ」オールドグッチが人気!個性豊かな創業家デザインに魅了wwwwwww

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2019/05/06(月) 23:06:42 https://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/190506/lif19050611070005-n1.html
昭和50年代に女子の憧れを誘ったポシェット。コロンとしたフォルムが人気で、当時新品で10万円で売られていたが、同店で…

抜け毛の悩み解消対策